お知らせ

2007年9月14日 金曜日

法曹親和会夏季合宿での発表

2007年8月、当事務所の弁護士が、法曹親和会夏季合宿で、東京弁護士会二一会の研究部のメンバーとして、「M&Aにおけるインサイダー取引」についての発表を行いました。
村上事件判決を題材として、M&Aの交渉途中で入手したインサイダー情報をどのように扱う必要があるかを発表しています。
特にM&Aによる経営支配権獲得の手法としては、公開買付けの他、第三者割当増資も多く用いられるところですが、従前公開買付けについてはインサイダー取引規制が問題となりましたが、第三者割当増資については会社法の問題として、証券取引法(金融商品取引法)の直接の適用対象外とされてきました。
しかしながら、第三者割当増資についても、会社法上の有利発行規制、不公正発行規制だけで十分かどうか、市場に開示されていない有利な会社情報を得た上で、経営支配権の獲得を行う場合には、一般の投資家との情報格差による公平性の問題は生じるところであり、この点の規制をどのように行う必要があるか(開示規制で十分か)が大きな問題となっています。

投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
english
アクセス



〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-7
NBF日比谷ビル502号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ