事務所ブログ

2011年12月19日 月曜日

岩手所員旅行

事務局

先日11月11日から12日の日程で、毎年恒例となっている協力事務所のはづき国際特許事務所と合同の所員旅行に行きました。今年の行先は岩手県でした。

1日目は、平泉の世界遺産群を見学しました。今年3月11日の東日本大震災に見舞われながらも、6月にその寺院・遺跡群が世界文化遺産として登録されたことで記憶に新しい平泉ですが、やはり東北初の世界文化遺産とあって数多くの観光客がいました。



平泉の目玉の一つである中尊寺には、国宝の金色堂があります。
その煌びやかな外観は美しく、また堂内には奥州藤原氏清衡、基衡、秀衡のご遺体と泰衡の首級が安置されており、一族の遺体が揃って納められているという点は世界的にも珍しいとのことで、金色堂の見学は大変貴重な経験となりました。

平泉にあるもう一つの寺院、毛越寺(もうつうじ)は、火災で焼失してしまったため本堂を含め当時の建築物は残されていませんが、大泉が池という池のある、浄土を表現した庭園があります。紅葉の時期だったため、各自散策を楽しみました。





2日目は、朝から花巻の宮沢賢治美術館に向かいました。 童話作家として有名な宮沢賢治ですが、教育や農業、仏教などにも深く携わりその活動は多彩であったことを知りました。

館内には、有名な童話や詩の自筆原稿が展示されていました。
なかでも手帳に書かれた「雨ニモ負ケズ」には感動しました。

午後は小岩井農場に行きました。
広々とした農園の中で、各自ソフトクリームやジェラート、牛乳などを堪能しました。

また昼食ではわんこそば大会を開催し、男性の部・女性の部と分かれて制限時間内で合計杯数を競い合い、大変盛り上がりました。



今年の所員旅行も、当事務所所員及び協力事務所のはづき国際特許事務所の方々との交流を深めることができ、大変楽しい時間を過ごすことができました。
また、今回岩手県が行先として選ばれた理由の一つに東北地方を活気づけたいという思いがあったため、そのような思いを実現できたという意味でも、今年は特別に有意義な合同所員旅行となりました。

投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
english
アクセス



〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-7
NBF日比谷ビル502号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ