事例集

2014年6月16日 月曜日

【訴訟・紛争解決】貸金・売掛金回収訴訟

当事務所が扱った事例

 • 当事務所は、貸金、売掛金の支払を求める訴訟を多数扱っています。債権の金額が60万円以下の少額の債権の場合、少額訴訟という簡易・迅速な手続を取ります。また、債務者に争いがないときは支払督促の申立てを行うことも多くあります。
 • 債務者が主要な部分において同一名称の別会社を設立し、新会社に旧来の会社の資産と営業を全部移転した事例で、債権者を代理して詐害行為取消訴訟を提起し、新会社において債権全額を支払う内容の和解を成立させました。
 • 建設工事のJVの一方が民事再生手続の申立てをした事件で、下請業者を代理し、JVの他方当事者に対して、JVの構成員が連帯保証責任を負うことを根拠に、請負工事代金の支払請求訴訟を提起しました。裁判所で当方の主張が認められ、全額勝訴判決を取得しました。
 • 建物の建築の瑕疵について争いが生じた事例で、建築業者から建築代金の支払を求め建築工事紛争審査会への申立てがあった事件において、発注者を代理し、建築工事に瑕疵があったことを主張しました。建築工事紛争審査会では、当方の主張を全部認める判断がなされ、代金の支払を免れることができました。
 • 取引先の倒産に際して、動産売買先取特権により取引先が有する債権の差押さえを行い、差押え決定を得たうえで、売掛先から債権全額の回収を行いました。
 • 取引先の信用不安が生じたことから、取引の継続に際して、売掛債権の担保として取引先の有する債権の譲渡を受け、債権譲渡特例法に基づく登記を行いました。
  •貸金の支払をしない債務者の自宅に対して仮差押えを行ったところ、債務者から任意に借入金の支払をしたい旨の申出を受け、債権全額の回収を図ることができました。
 • 医療法人の経営支配権の獲得を目的とした紛争の中で、医療法人から医師に対する損害賠償請求事案において医師を代理して医療法人との協議を行い、医師に損害賠償義務の存しないことを確認する旨の和解を得ることができました。
 • 事業譲渡会社の屋号を使用して飲食店の営業を行った譲受会社に対し、譲渡会社の下で発生した未払金の支払請求訴訟を提起し、和解により支払を得ました。
 • 建設共同企業体の構成員を被告とする請負代金請求訴訟において、被告から実質的には、既に民事再生を申立てたもう一方の構成員の下請業者に過ぎず履行責任はないとの反論がなされましたが、和解により支払を得ました。
 • 請負代金請求事件に設計監理者側の代理人として補助参加しました。

投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

english
アクセス



〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-7
NBF日比谷ビル502号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ