代表弁護士ブログ

2018年8月17日 金曜日

残暑お見舞い申し上げます。

                                                                                       

例年6月末頃から暑中見舞いのハガキの準備を始め、7月始めころには暑中見舞いを発送するのですが、今年については、関東弁護士会連合会の副理事長に就任していたり、司法試験の採点に時間を割かれたりしてなかなか暑中見舞いも作成することができませんでした。8月の半ばに至りようやく時間が取れるようになり、無事残暑見舞いを出せてほっとしております。ご挨拶が遅れ申し訳ありませんでした。
8月も第2週が過ぎましたが、あいかわらず暑い日が続いています。熱射病で倒れる人もいるくらいですから体力を過信せずに、十分にご注意いただきますようお願いします。
我が事務所もここしばらくは忙しい日々に追われ、事務所のみんなで飲みに行ったりする機会もなくなっていました。いつも仕事だけではつまらないので、何かいい機会はないかと考えていたところ、ビールがうまそうな時期でもありますので、所員全員で暑気払いを行おうということになりました。
場所についても色々と迷ったのですが、栗林が10年以上会員となっている東京アメリカンクラブで行うことにしました。秘書でお子様がいる人などもお子様を連れて参加できるよう家族が入れるレストランにするためです。小さなお子様がいると、一同ほっとするところがあります。私も大分昔になりましたが、うちの子供たちの小さかったころを思い出して懐かしい感傷に浸っていました。
暑気払いには、ちょうど日本語の勉強のためにポーランドから来日していたチュズバックさんも参加してくれました。チュズバックさんは、以前私どもの事務所で研修を行ったポーランド人の女性弁護士ですが、日本をこよなく愛するヨーロッパ人で、ひたすら日本語の勉強に励んでいます。ポーランドで日本語が話せる弁護士ということで、ポーランド所在の日系企業からも多く仕事を頼まれるようですが、彼女の場合、純粋に日本が好きということがあります。ポーランドの弁護士が日本を好きになってくれるというのは、とても素晴らしいことだと思います。今後とも私たちの事務所とも長く交流を続けて行ってもらえればと思います。なお、チュズバックさんは、今、日本語の勉強で来日中ですが、来年2月頃にはIBAの会議のために再度来日するようです。反対に来年4月には、栗林がユーロリーガルの年次総会に参加するためポーランドに出張の予定です。チュズバックさんの生まれたクラクフの町も探索してみたいと思います。
なお、暑気払いは食事だけだとつまらないので、ボーリング大会もあわせて行うことにしました。暑気払いに参加いただいた会計士の竹田先生がボーリングがとてもお上手であることに驚きました。おそらく子供のころ(その頃はボーリングが流行っていました)に覚えたのではないでしょうか。竹田先生は、テニスが最も得意の様ですが、山登りなども行うアウトドア派です。一度山登りにも連れて行ってください。
東京アメリカンクラブは、4つのレストランと、1つのバー、体育館、プール、事務、英語の図書館などが完備したとても大きな施設です。長年会員でありながら、アメリカ人との交流の機会もなく、メンバーシップの利点を十分に生かせていなかったと反省しています。
今回の暑気払いは、大勢の参加とともにとてもリラックスした雰囲気で楽しむことができました。今度は当事務所のお客様も招いたりして、拡大版暑気払いや、拡大版忘年会、ゴルフ大会なども企画したいと思います。
仕事以外の場面での交流も含め、所員や依頼者の皆様との交流の幅が広がることを願っています。


投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

english
アクセス



〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-7
NBF日比谷ビル502号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ