News

2019年1月16日 水曜日

2018年度早稲田大学法科大学院エクスターンシップ実習生受け入れ

当事務所では、法科大学院の設立当初から、栗林の出身校である早稲田大学の法科大学院の学生をエクスターン生(実習生)として受け入れてきました。最初の学生がその後司法試験に合格し、裁判官となって、現在でも赴任地が変わるたびに連絡をいただいています。その後も毎年1人ずつの受入を行ってきましたので、合計人数も10人近くになりました。

本年度も従前と同様にエクスターン生の受入を行います。本年度の受け入れ期間は学生との協議の上、3月中旬から2週間となりました。ロースクールの学生にとっては、実務を見学する初めての体験ではないかと思います。その分、将来実務家になっても、最初の弁護士像を記憶し、その後の人生においても大きな影響があるのではないかと思います。私たち受け入れる側も、重大な使命を認識し、心してかからなければなりません。そうは言ってもまずは楽しむことが重要ですので、エクスターン生には自由闊達に事務所を見てもらい、一緒に仕事に同行しながら、弁護士の仕事の内容や、業務の進め方、ロースクールで学んでいる内容が実務でどのように使われるかなどをしっかりとみてもらいたいと思います。

当事務所での研修を経て、実際に法実務に触れることで、法律家としての仕事を深く学び、今後のキャリアに役立てていただけたらと考えておりますので、当事務所では引き続きこのようなエクスターンシップの活動を支援していきたいと思います。



投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

english
アクセス



〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-7
日比谷U-1ビル502号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ