代表弁護士ブログ

2019年4月 8日 月曜日

ユーロリーガル年次総会参加

2019年4月26日から4月28日までの3日間、ポーランドのグダニスクでユーロリーガルの年次総会が開催されます。ユーロリーガルは、ヨーロッパの各国の中小規模の法律事務所の集まりで、ヨーロッパの複数の国をまたぐ取引や紛争の解決等に共同で取り組む働きをしています。日本からは、栗林総合法律事務所のみが正式のメンバーとして認められ、毎年当事務所のメンバーが参加するようにしています。昨年度は、スイスのチューリッヒでの開催でしたが、今年はポーランドでの開催となります。

グダニスクは、ポーランドの北に位置し、バルト海に続く街です。面積が非常に狭いですが、ヨーロッパの玄関口として、多くの日本企業も進出しており、経済的に発展途上にあると言えます。人件費が比較的安いことや人口の集積、勤勉な労働者の存在などから、東ヨーロッパにおける中心の町として今後とも発展の可能性の高い街であると思います。私どもとしても、今回の訪問をとても楽しみにしております。

また、以前、当事務所に短期研修に来ておりましたポーランド出身のチュズバック弁護士とも、現地で会う約束をしております。チュズバック弁護士の事務所はクラクフにありますが、クラクフ、ワルシャワ、グダニスクは、ほぼ南北に走る一本の線路上にありますので、地元の人からすれば極めて容易に行き来がなされているようです。

ユーロリーガルの年次総会では、人の採用・教育、新しい業務形態への対応、法律上の解釈、ヨーロッパが一体となることによる証拠法則などの変更(英語の書類がそのまま証拠として採用され、裁判所に対する翻訳証明書の提出などが必要なくなったことなど)など、極めて幅広い分野についての討議がなされることが予定されています。

各国の法律事務所における共通の悩みや、総会出席を通じて、様々な国に訪れ、その国の文化に触れたり、様々な国の弁護士の方々と意見を交換することができるチャンスが増えるので、一年に一度の非常に刺激をもらえる良い機会となっております。

4月26日から4月28日までの3日間という短い期間ではありますが、もし現地でお会いいただける方がいらっしゃいましたら是非お声掛けください。当事務所としても、今後ポーランドの法制度について研究し、日本企業に対するポーランド法についての情報提供を行っていければと考えております。






投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
english
アクセス


〒102-0083
東京都千代田区麹町3丁目5-2
BUREX麹町501号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ