代表弁護士ブログ

2020年2月26日 水曜日

栗林総合法律事務所の第2回国際セミナーを行いました。

令和2年1月30日に、栗林総合法律事務所の第2回国際セミナーを行いました。16名の参加をいただき、盛況に終えることができました。ご参加いただきました皆様には大変感謝申し上げます。セミナーのテーマは、英文による国際販売店契約で、海外のメーカーの販売店として海外のメーカーの製品を日本で販売する際に、メーカーとの間でどのような協議を行い、どのように契約書にまとめていくのがいいのかをお話ししました。販売店契約では、マージンが会社の粗利になりますので、どれだけのマージンを確保できるかが利益を生むかどうかの分かれ目になります。また、粗利の決め方がマーケットアプローチ、コストアプローチから精査されたものかどうかが重要であることについてお話いたしました。販売店契約は、国際的取引を開始する一番基本となる契約ですので、その内容をしっかり理解しておくことが重要です。海外の新しいブランド商品などを日本に紹介し、インターネットで販売することで、日本での売り上げをあげることが可能となります。

栗林総合法律事務所で販売店契約についてのセミナーを行った関係かどうか分かりませんが、ヨーロッパの会社数社から、日本のパートナー(販売店や共同開発を行う会社)を紹介してほしいと依頼がありました。当該業界の皆様で関心のある方は是非栗林までご連絡ください。秘密保持契約書を締結したうえで、相手方企業のお名前などを開示させていただきます。

(1) イタリアのマットや枕を製造するメーカーで、デザイン力のある製品を制作しております。輸入家具に興味のある方は是非ご連絡ください。
(2) イタリアのソックスやセーターを制作する会社です。ファッション性の高いソックスやセーターを制作しています。
(3) イタリアの化学薬品の製造工場です。薬品の研究開発を行っている会社が、日本のパートナーとなる会社を探しています。

また、上記とは反対に、日本の企業の皆様でヨーロッパでの販売を希望される方も是非ご連絡ください。栗林総合法律事務所では、ヨーロッパに所在する提携パートナーを通じて、貴社の属する業界で、ふさわしいパートナーとなる販売店を探索し、ご紹介させていただきます。日本の中小企業であっても優れた商品を開発することで、ヨーロッパにおける新しい市場にアクセスすることが可能となります。




投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
english
アクセス


〒102-0083
東京都千代田区麹町3丁目5-2
BUREX麹町501号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ