事務所ブログ

2020年3月31日 火曜日

未払賃金の消滅時効について

未払賃金の消滅時効~2年から3年へ延長~

1.これまでの制度

残業代等の未払賃金請求の消滅時効は、2年とされていました。そのため、仮に、企業が従業員に対して残業代などを支払っておらず、未払賃金が発生していた場合、従業員は、企業に対して過去2年分の未払賃金を請求することが認められていました。


2.民法及び労働基準法の改正

2020年4月1日から改正民法が施行され、債権の消滅時効が5年に統一されることになりました。従来、債権の消滅時効は原則10年であるとしつつ、例外的に、職業別のより短期の消滅時効期間(弁護士報酬は2年、医師の診療報酬は3年など)を設けていましたが、5年に統一されたことにより、合理的で分かりやすい制度となりました。

この民法改正に合わせて、残業代等の未払賃金請求の消滅時効についても5年に延長することが検討されました。しかし、労使間の意見の違いもあり、最終的には、消滅時効を現行の2年から「5年」に延長するが、経過措置として、当面の間は「3年」に延長されることとなりました。そのため、今後、未払賃金が発生した場合、従業員は、企業に対して過去3年分の未払賃金を請求することができるようになります。この改正労働基準法は、改正民法と合わせて2020年4月1日に施行されます。
なお、施行後5年で見直しが行われる予定となっているため、将来的には「5年」となる可能性があります。

3.いつから過去3年分の未払賃金を請求できるのか

消滅時効が3年となるのは、改正労働基準法の施行日である2020年4月1日以降に支払われる賃金に限られます。2020年3月31日までの未払賃金についての消滅時効は、従前通り2年となります。
そのため、実際に2年を超えて遡って請求できるのは、2022年4月以降に支払われる賃金となります。

4.付加金

付加金とは、未払賃金やそれに対する遅延損害金、遅延利息とともに請求することができるもので、企業が賃金や残業代を支払わなかったことに対する制裁金としての意味合いを持つものです。付加金の額は、請求額と同一額とされています(ただし、裁判所の裁量により付加金の支払いが認められない場合もあれば、一部のみ認められる場合もあります。)。
この付加金の請求期間についても、当分の間「3年」に延長されることとなりました。


5.具体例

では、未払賃金の消滅時効が3年に延長された場合、これまでと比べて企業が支払うべき未払賃金の金額はどの程度変わるのでしょうか。

以下の従業員Aさんに対して、残業代が全く支払われていなかった場合、企業が支払うことになる未払賃金は次の通りとなります。

【Aさんの労働条件、勤務時間等】
①給与月額30万円
②月額勤務日数20日
③1ヶ月平均所定労働時間160時間
④法定時間外労働1日2時間(1ヶ月40時間)

【Aさんに対して本来支払うべき1ヶ月あたりの残業代】
残業時間(40時間)×1時間当たりの賃金1875円(30万円÷160時間)×割増率(1.25)=9万3750円

【消滅時効2年の場合に企業がAさんに対して支払う残業代】
9万3750円×24カ月=225万円

【消滅時効3年の場合に企業がAさんに対して支払う残業代】
9万3750円×36カ月=337万5000円

以上より、消滅時効の延長により企業がAさんに対して支払うべき金額は、1.5倍の増加となります(期間が1.5倍となったため当然ではありますが)。

また、万が一、企業に対して付加金(満額)の支払いが命じられた場合、付加金の額は未払残業代と同額となるため、企業はAさんに対して合計675万円(337万5000円×2)を支払うことになります。
※これに遅延損害金、遅延利息が加算される場合もあります。

6.今後の対応

既に適切な労務管理が行われており、残業代等に関して未払賃金が発生していない企業においては、従前通り適切な労務管理を行って頂ければ問題ありません。
しかし、例えば、勤怠管理システムが整っておらず、賃金算定の基礎となっている労働時間の記録と実態にずれが生じているような場合には、未払賃金が発生している可能性があります。このような企業では、労働時間の記録と実態にずれが生じないよう速やかに労務管理の方法等を改善していく必要があります。

以上



投稿者 Kuribayashi Sogo Law Office

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
english
アクセス


〒102-0083
東京都千代田区麹町3丁目5-2
BUREX麹町501号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ