国際相続における準拠法の考え方

国際相続における準拠法の考え方

1 国際相続とは

国際相続とは、相続人または被相続人が外国籍の場合や、相続財産が外国に存在する場合の、国境を越えて生じる相続をいいます。被相続人が日本人である場合であっても、例えば、その者が日本に在住している場合もあれば、相続財産のある外国に在住している場合、遺産のある国とは別の外国に在住している場合もあり得ます。さらに、相続財産が外国及び日本にある場合と、外国のみにある場合も考えられます。

このような国際相続においては、①適用法の問題(相続人が誰かという問題や、相続財産の範囲についての問題)、②財産を実際に取得するための手続きに関する問題(例えば、預金であれば、金融機関から実際に払い戻しを受けるための手続)、③相続税の問題(どの国に対していつまでにいくらの相続に関わる税金を支払う必要がかるのかということ)が関わってくるため、国際相続の手続きは複雑なものになります。

2 法適用の問題(準拠法)

(1)通則法第36条

まず、相続における準拠法がどの国の法律になるかということが問題となります。日本における国際相続については、法の適用に関する通則法(通則法)が、その第36条において、「相続は、被相続人の本国法による。」と規定しています。よって、国際相続においては、被相続人が国籍を有する国の法律が適用されることになります。例えば、被相続人が日本国籍を有する者であれば、たとえその者が海外に在住している場合や相続人が外国籍を有している場合であっても、その者を被相続人とする相続については日本法が適用され、相続人の範囲や相続財産の範囲についての問題は日本法によって定まることになります。反対に、被相続人が外国籍を有している場合には、被相続人の本国法によることになりますので、日本法は適用されないことになります。

 通則法
 (相続)
  第36条 相続は、被相続人の本国法による。

(2)相続財産が外国にある場合

相続財産が海外にある場合には、たとえ被相続人が日本人であっても、相続における適用法自体が日本法ではなく外国法となる可能性があります。

 ア 相続分割主義

  (ア)相続統一主義

   日本など(韓国、ドイツ、イタリアなど)においては、相続財産が動産であるか不動産であるかに関わらず、上述のとおり、被相続人の本国法が相続における準拠法とされます(これは相続統一主義と言われます。)。

  (イ)相続分割主義

これに対して、アメリカなどの英米法圏においては、不動産相続と動産相続とを区別する相続分割主義が採用されています。相続分割主義の法制のもとにおいては、例えば、不動産については不動産の所在地の法律を適用し、動産については、被相続人の住所地法を相続の準拠法とするなどとされており、動産の種類によって、適用法が異なることになります。よって、仮に被相続人が日本国籍を有しており、相続の手続きにおいて日本法が適用される場合であるとしても、被相続人の不動産が相続分割主義を採用する外国に所在していれば、不動産の相続についてはその不動産所在地の外国法が適用されます。例えば、アメリカにおいては、不動産がジョイントテナンシー(joint tenancy)の形態で被相続人と他の第三者により所有されていた場合には、被相続人の死亡により、その不動産の所有権は、法律上当然に、相続手続きを介することなく、他の所有者である第三者に移転することになります。よって、不動産がアメリカに所在している場合には、このようなジョイントテナンシーの規定なども適用になることになります。また、相続財産が動産であっても、被相続人が海外に居住していた場合には、動産の相続について、被相続人の住所地法である外国法が適用される可能性があります。

  (ウ)どの法律によるべきか

 結局遺産分割の手続がどこの国の裁判所に申し立てられるかにより、その手続き国の国際私法が適用になり、準拠法が決定されることになります。
例えば、日本の裁判所に遺産分割の申立がなされた場合には、日本の国際私法に従って準拠法が決定されることになります。上記の通り、日本の国際私法では、被相続人の本国法が遺産相続についての準拠法とされますので、被相続人が日本人であれば日本法が適用されることになります。従って、相続人が誰かという問題や相続財産の範囲についての大部分の問題は日本法により決定されることになります。

但し、国際私法は法律関係ごとに準拠法を決定するモザイク構造を取っていますので、例えば海外に所在する不動産の処分の手続や当該不動産が共有状態にあるのか合有状態になるのかについて問題は不動産の所在地国の法律により決定されることになります。従って、上記の通りジョイントテナンシーの適用があるアメリカの不動産については、アメリカの法律に従って所有権の帰属が決定されることになります。同様の問題は、不動産だけでなく、会社の株式(設立準拠法の法律)、動産(所在地の法律)、知的財産権(登録地の法律)等についても生じることになりますので、各法律関係ごとに準拠法を決定していく必要があります。

3 プロベイト(probate)

(1)清算主義と包括承継主義

相続財産について、外国の現地法が適用になる場合には、プロベイトと呼ばれる手続きの対象となる可能性もあります。

日本は包括承継主義を採用しており、被相続人の資産・負債が包括的に相続人に相続されるため、遺産管理人の関与が必要ではないことから、相続人は、直接金融機関などと相続財産である預金の払い戻しのための交渉をすることができます。

これに対して、アメリカなどの英米法系の国では、遺産承継について、清算主義をとっているため、遺言の有無に関わらず、相続財産は、日本などのように直接相続人に承継される(このような制度は包括承継主義と言われます。)のではなく、裁判所の監督下で行われる清算手続(この手続きがプロベイトと呼ばれます。)を経て、残った積極財産のみが相続人に分配されることになります。そのため、日本での遺産分割協議や、遺産分割調停・審判、遺言書の効力がそのままプロベイトで裁判所により承認されるとは必ずしも限りません。

(2)プロベイト手続きの概要

 ア アメリカ

アメリカでのプロベイト手続きにおいては、裁判所から選任された人格代表者(personal representative: 遺言で指定された遺言執行者(executor)または裁判所が選任した遺産管理人(administrator))が、被相続人の財産を集めて財産目録を作成し、遺産の管理をし、被相続人の債権者に対して債務の弁済を行い、税金の申告をし、残余財産を権利者に分配します。権利者である相続人や受遺者の範囲については、裁判所で行われるプロベイト手続きにおいて、有効と判断された遺言及び州法に従って確定されることになります。相続財産である預金が存在する金融機関は、裁判所が発行した証明書(遺言執行者であれば letters testamentary、遺産管理人であれば letter of administration)を有する者に対して預金の払い戻しを行い、その後、裁判所で確定された権利者の範囲に従って分配されることになります。

 イ 香港

香港においても、アメリカなどと同様に、清算主義が採用されており、相続財産の分配においては裁判所による承認(遺産管理状:Letters of Administration、授与書:Grant)が必要となります。そして、プロベイトを経ないで相続財産が処分された場合には、プロベイト及び遺産管理法(Probate and Administration Ordinance)違反として処罰される可能性があります。なお、相続における適用法の選択(準拠法選択)においては、動産と不動産とを区別せず、相続財産の所在地法が適用されることになります。
香港におけるプロベイトの手続きについては、非争訟的プロベイト実務ガイド(Guide to Non-Contentious Probate Practice)が実務上の問題点について説明しています。

4 遺言の方式の準拠法

(1)外国の遺言書の執行

日本における相続では、国際相続の場合においてどの国の法律で遺言の有効性を判断するかということについて、遺言の方式の準拠法に関する法律が定めています。そして、法第2条は、遺言者が国籍を有していた国の法のみならず、行為地法、住所地法、不動産の所在地法などの方式に従った遺言であっても有効であるとしています。ただし、外国法に従った遺言が有効であるとしても、その遺言のみによって、法務局での被相続人の不動産登記の変更や銀行預金口座の解約が認めてもらえるとは限りません。この場合には、日本の弁護士によって作成された、遺言の有効性に関する現地法に基づく意見書の提出が求められることが多くあります。また、外国法による遺言書が現地の公証を得たものではない場合には、家庭裁判所での検認手続きを得ることを求められることもあります。そのため、日本での遺言の執行を想定しているのであれば、日本の方式で遺言書を作成しておくことで遺言書の執行が容易になるということはあります。

遺言の方式の準拠法に関する法律
(準拠法)

第二条 遺言は、その方式が次に掲げる法のいずれかに適合するときは、方式に関し有効とする。
一 行為地法
二 遺言者が遺言の成立又は死亡の当時国籍を有した国の法
三 遺言者が遺言の成立又は死亡の当時住所を有した地の法
四 遺言者が遺言の成立又は死亡の当時常居所を有した地の法
五 不動産に関する遺言について、その不動産の所在地法

(2)遺言書の海外での執行

上述のとおり、日本法のもとで有効に成立した遺言であっても、外国の裁判所がその遺言の有効性を認めない可能性もあります。そのため、特に、相続の準拠法が外国法となることが想定されるような場合には、財産の所在地ごとにその国の方式に従った遺言書を作成しておくことも検討すべきです。

5 手続きに関する問題

(1)日本人の財産が海外にある場合

被相続人が日本人であっても、日本人の財産が海外にある場合には、日本にある日本人の財産を相続する場合とは異なる注意すべき点があります。

 ア 外国にある銀行預金の払い戻し

例えば、相続財産が外国の銀行にある預金の場合には、その預金の払戻金を遺産分割の対象とすることになりますから、まずは預金の払い戻しを受けることが必要になります。
払戻を受けるに当たり具体的にどのような相続を証明する書類が必要であるかについては、銀行支店所在地の法と実務によることになりますので、具体的な払い戻しの手続きを知るためには、その預金のある外国の法と銀行実務の調査が必要となります。

 イ 意見書(リーガルオピニオン)が求められた場合の対応

外国の現地の銀行から預金の払い戻しを受けようとした場合に、現地の金融機関から、相続人の範囲及びその根拠を求められることがあります。また、被相続人の遺言執行者が預金の支払いを求めた場合は、遺言執行者の選任の事実についての証明を求められることもあります。さらに遺言書が存在する場合には、遺言書の有効性について、日本法を根拠として証明することが必要となることもあります。これらの場合には、金融機関としては、日本の弁護士によって作成された意見書の提出を想定していることが多く、弁護士の意見書を提出することによって、払い戻しの手続きを進めることができます。

 ウ 預金口座がアメリカの支店にある場合の払い戻し手続き

アメリカの預金の払い戻しを受ける場合には、死亡診断書、遺言書、遺産分割協議書、住民票、戸籍謄本などの原本及びその英訳が必要となります。さらに、それらの書類について、公証人の面前で書類の作成者が署名すること(公証)を金融機関から求められる場合が多くあります。公証は、日本では、公証人役場で受けることができますが、アメリカとは異なり、必ずしもすべての書類について容易に公証を受けることができるとは限りません。例えば、死亡診断書に公証を受けようとすれば、公証人の面前で、死亡診断書を作成した医師に署名をしてもらう必要がありますが、そのような対応をする医師を見つけることは容易ではありません。そのため、海外の金融機関から公証を受けることを求められた書類が、公証を得ることが困難なものであるような場合には、金融機関に対してその事情を説明し、代わりとなる証明書などを弁護士により作成することが必要となることもあります。

6 海外預金の払い戻し手続き

栗林総合法律事務所ではこれまで数多くのプロベイト手続や海外預金の払い戻し手続きを行ってきました。下記はその一例です。

(1) 香港の預金解約の例
被相続人(日本人)は、会社からの派遣により香港の子会社に出向し、家族と一緒に香港で生活していましたが、突然の脳梗塞により倒れ、そのままお亡くなりになりました。家族は日本に帰国しましたが、香港に在住中に香港上海銀行の口座に預金を有しており、その解約が問題となりました。
栗林総合法律事務所は、亡くなられた方の奥様からの依頼により香港の協力事務所を通じてプロベイトの申立を行い、香港の弁護士が財産管理人となって裁判所の管理下で銀行預金の解約を行い、無事に預金を日本に送金することが出来ました。亡くなられた方の奥様としては、ご主人が亡くなるという失意の中で、複雑な手続きを取ることが難しく、また預金の解約のためだけに現地に赴くことも難しかったことから、現地に出向くことなく預金の払い出しを受けることができ非常に感謝いただきました。

(2) ニューヨークの裁判所でのプロベイト手続
日本人のご主人がニューヨークの銀行に預金を残したまま亡くなられるケースがありました。日本の財産は法定相続人間の遺産分割協議により分割が完了しましたが、アメリカの銀行から預金残高明細証が送られてきて、アメリカの銀行にも預金があることが分かりました。相続人からアメリカの銀行に対して預金の払い戻し請求を行おうとしましたが、たらいまわしにされて、確たる返事をもらえないまま時間が経過することになりました。その後、日本の相続人から当事務所に問い合わせがなされ、銀行預金の払い戻し手続きを依頼されることになりました。当事務所でも最初は銀行との連絡を取ろうとしたのですが、結局ニューヨーク州の弁護士などとも協議をしたうえで、銀行からの任意の払い戻しを受けることは難しいことが分かり、ニューヨーク州でのプロベイトの手続を取ることで預金の払い戻しを行うことにしました。このケースでも、ニューヨーク州の弁護士にプロベイト選任申立手続きを行ってもらい、裁判所の管理下で預金の払い戻しを受け、無事預金の解約を行うことができました。

(3) グアムのジョイントテナンシー
グアムの不動産を有する方が亡くなられるケースがありました。グアムの不動産は、ご夫婦のジョイントテナンシーに属していましたので、共有者の一人が亡くなられると、亡くなられた方の共有持ち分は当然に残りの相続人に帰属することになります。被相続人が日本に居住する日本人であっても、海外に所在する不動産の所有権の帰属については、現地の法律が適用になることがあります。このケースでは、現地の法律に基づき、日本における遺産分割とは別に、残りの共有者への持分の移転登録を行うことになりました。

(4) 栗林総合法律事務所のサービス
栗林総合法律事務所では、海外預金の解約に関するご相談を多く受けております。アメリカ、イギリス、香港、シンガポール、オーストラリア等の国においては、日本の相続法とは異なる遺産相続手続きがなされることになりますので、現地の法律に従った相続手続きを取ることが必要になります。また、海外に相続財産が有る場合には、その土地の相続税が課せられることがありますので、日本における相続税の申告とは別に現地における相続税の申告手続きをとることも必要になります。
栗林総合法律事務所では、プロベイト手続や相続税に詳しい現地の法律事務所と連絡を取りながら、適切な法律手続きを確定し、預金の払い戻しや相続税の申告手続きをサポートいたします。もし、海外預金の解約や相続についてのご相談がございましたら、栗林総合法律事務所までご連絡ください。

関連ページ
遺産相続におけるアメリカ銀行預金の払戻し
香港における遺産相続(プロベート)手続き
english
アクセス


〒102-0083
東京都千代田区麹町3丁目5-2
BUREX麹町501号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ